カップの中で光る宝石

甘さすっきりで上品なこしあん。コクがあって香ばしいごまダレ。甘辛くてとろりとしたみたらし。お団子は何が好きですが?

透明なカップに入ったそれは、まるで私にはキラキラ光る宝石のように見えました。真っ白いお団子に、たっぷりかけられたみたらしあん。初めて見たときから、いつか絶対食べるんだと心に決めていました。

粒あんをこよなく愛する私ですが、お団子だけはみたらしあんに限ります。みたらしあんがたっぷりかけられた団子の側には、こしあんが乗せられたものやごまダレが絡められたものもありました。でも私の目には、みたらしあんに溺れそうなお団子しか目に入りません。

私を強く惹きつけた『みたらし カップ団子』を作るのは、北海道の菓子工房もりもと。もりもとが作るものは洋菓子や和菓子、さらにはパンまでほとんどがおいしいので、カップ団子にも確信に近いものがありました。

逸る気持ちを抑えてカップのフタを開けると、たっぷりのみたらしあんと真っ白な団子のお目見え。最初に驚いたのは、団子の柔らかさ。とても柔らかいのに弾力もあり、もっちもち!

目で見た通り、もしかしたらそれ以上に、みたらしあんもたっぷり。ずいぶん多そうに見せかけて実際は期待はずれのものも多い中、もりもとは見かけ倒しじゃありません。

柔らかい団子に、とろりとしたみたらしあんをたっぷり絡めて口に運ぶと…。その瞬間、もりもとにファンレターを送りたくなりました。お世辞じゃなく、今まで食べたみたらし団子の中で断然トップ!

…それまでは、3本入り1パック100円以下の串団子しか食べたことなかったのですが。今までの串団子もおいしいものだと思って食べていたけれど、これが本物のみたらし団子かと思わされました。

 

---pick up---

名古屋で脱毛

一万円札を握り締めて買ったもの

この間、家族ぐるみで親しくしているおばさんと一緒に買い物に行ってきました。お店では「何か欲しいものはないのか?」の連発(^^; おばさんと一緒に買い物に行くのは初めてじゃないんですが、いつもそうやって聞いてくれるんですよね。

何回かに一度くらいは、素直に選ばせてもらいます(^^ゞ もちろん、買ってもらっても差し支えのない値段のものを。大体が500円以下ですね。前回は気になっていたプリンを1つ買ってもらいました。値段は120円。もっと何かないのかと言われたけれど、「それが食べたいんだ。これだけでいい」と言って頑張りました(笑)

そうするとおばさんは同じプリンをいくつもカゴに入れようとするので、「そんなに買ってもらっても食べきれない。1つだけで充分だよ」と慌てて止めたり…。買ってくれるというものを断るのも、容易なことではありませんm(_ _)m

こどもの頃なら、まだ素直に「あれが欲しい!」「これが欲しい!」と選ぶこともできました。でもこの年になると、申し訳ないという気持ちが芽生えます。「遠慮しすぎも良くない。素直に買ってもらうことも大切」と言う人もいます。私も同じ考えなので、たまにお言葉に甘えるのです(^^ゞ

今思うと、こどもの頃だって全く遠慮を知らなかったわけではありません。ある日、遊びに来た知り合いのおばさんに一万円札を渡され、好きなお菓子を買って来なさいと言われたことがあります。そんな大金を持って買い物をしたことのない私はドキドキ…。

何を買おうか迷いに迷い、選んだのは棒つきのバニラアイス。1本60円…。せめてハーゲンダッツにすればよかったなぁ…なんて思ってみたり(笑)でもあの頃はよく知らないハーゲンダッツよりも、食べ慣れている棒つきバニラアイスバーの方がよかったんでしょうね。


TOPへ戻る